筋トレ通販

筋トレを始めてみようと考えている方。

 

筋トレを始めてみようと思う動機は様々ですよね。

  • スタイルをよくしたい若しくはスタイル維持の為
  • ダイエット
  • モテるため
  • 健康の為
  • 理想とするからだを手に入れるため

筋トレを始めようと思ったものの、どうやって始めようかと考えますよね。

 

筋トレを行う方法として大きく二つあります。
ジムにいく
自宅で行う
だと思います。会社に施設がある方などはラッキーですね。

 

ジムと自宅。それぞれのメリット、デメリットを比較してみると、

 

メリット

 

ジム

  • 筋トレに詳しい人がいる
  • 充実した設備
  • 他の人が刺激になる
  • 定額で設備を使いたい放題

 

自宅

  • 気軽にできる
  • いつでもできる
  • ランニングコストがかからない

 

デメリット

 

ジム

  • 施設まで通う必要がある
  • 好きなタイミングできぐを使えないこともある
  • ランニングコストがかかる
  • うるさい人がいることもある(フォームなどにうるさい人)

 

自宅

  • 筋トレを行うスペースと、保管のスペースが必要
  • ファーストコストがかかる
  • 大きな設備を置けない
  • 近所への配慮(器具を床に置くときの音など)

 

などが挙げられると思います。

 

これらを考慮して筋トレを始めるにあたりどちらを選ぶか考えましょう。

 

本格的に体を鍛えたい!

 

そういう人は、迷わずジムに行くことをおすすめします。

 

部位ごとに追い込める設備、刺激しあえる周りの人たち、非常に良い環境が整っているので充実した筋トレを行えると思います。

 

とりあえず始めてみたい。

 

という方は最初は自宅での筋トレをおすすめします。

 

いきなりジムに行くにしても、どれくらいいけるのか、なにをしようかと悩む人も多いと思います。

 

自宅で始められる最大のメリットが、好きな時間に気軽に始めることができる。ことだと思います。

 

社会人の人で日中働いている人は特に、なかなか時間が取れなかったりするので、ジムに通うことが難しかったりします。また、近くにジムがない場合もそうですね。

 

社会人の方はなかなか自由につかえる時間を見つけるのが難しいと思いますので、自宅で少しの時間でも行える自宅筋トレがおすすめです。

 

自宅での筋トレで、習慣化してきて、物足りなく感じてきたらジムに通うという選択肢もあります。

 

筋トレ最大の敵は、さぼること

 

筋トレは、体に負荷をかけることなので辛いです。

 

普段から好き好んで自分に負荷をかけている人は少ないと思います。なので、筋トレを始めてみると、その辛さについついさぼってしまうことがあります。

 

なおかつ、筋トレの効果は1週間程度で出るものではありません。早くても1か月。通常は年月をかけてトレーニングを重ねていくものです。日々の積み重ねが結果を生むのです。

 

なので、日々の効果を感じることができないうちに、筋トレを中断してしまう人も多くいます。

 

しかし、筋トレは継続して行うことが最も大切なのです。筋肉は破壊と再生の繰り返しにより、成長していきます。

 

再生が終わるとまた破壊する、そして再生されたらまた破壊。この繰り返しこそが筋トレなのです。

 

いかに続けるか。ということが大切なので、そういった点からも、自宅での筋トレは継続しやすいと思います。

 

自宅で筋トレを行うには

 

自宅筋トレを始めるにあたり、何をすればいいのか?どのような器具を揃えればいいのか?と悩むと思います。

 

自宅筋トレで最も大切なものはダンベルです。

 

必ずダンベルは購入しましょう。これがないと自宅筋トレは始まらないです。

 

あとは、トレーニングマットが必要です。汗をかきますので汗がフローリングに落ちない為に、器具を床に直接置くと傷が付いたり下の階へ響いたりするのでマットも購入しましょう。

 

y48

 

これくらいのスペースがあれば十分です。

 

あと、できるならフラットベンチも用意できると良いでしょう。(これはあると非常に便利です)

 

これだけでよいのか?と思われるかもしれませんが、まずはこれだけで結構です。

 

ダンベルだけでほとんどの部位を鍛えることができます。

 

筋トレといえば、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトのBIG3をイメージする方が多いと思います。そうでなくてもベンチプレスなどは容易にイメージが沸くかと思います。

 

それらの種目を行うのに確かに、バーベルは非常に重要です。しかし、ダンベルでもある程度までは代用が利きます。

 

なので、自宅で筋トレを始めたいという方は、ダンベルがあれば十分だということです。

 

自宅でダンベルを用いた筋トレ法

 

鍛えたい部位ごとにおすすめのメニューを紹介します。(ごく一部です)

 

胸・・・ダンベルベンチプレス、ダンベルプレス
腕・・・ダンベルカール、トライセプスキックバック、トライセプスエクステンション
背中・ダンベルデッドリフト、ワンハンドローイング
肩・・・サイドレイス、フロントレイズ、ショルダープレス
足・・・ダンベルスクワット

 

他にもたくさん種目がありますが、それぞれの部位の代表的なメニューを挙げています。胸は、ベンチがないと鍛えるのは厳しいかもしれません。また、デッドリフト、スクワットは高負荷をかけることは難しいです。

 

ダンベルを用いていますが舐めてはいけません。結構きついものもあります。個人的に、トライセプスキックバックがかなりきついです(笑)。

 

もし、ベンチがない場合はイスなどで代用できるものは代用してみてください。ベンチは直接的ではないものの、非常に役に立つ器具になります。

 

ダンベルを選ぶ時のポイント

 

ダンベルを購入するときに気を付けていただきたいポイントがあります。

 

@ダンベルには、ウェイトとシャフトが一体となっているタイプ

 

Aウェイトとシャフトが取り外せて好きなウェイトを付けるタイプ

 

があります。

 

y48

 

こちらがウェイトとシャフトが一体となっているタイプ。

 

y48

 

こちらがウェイトとシャフトが取り外せて好きなウェイトを付けるタイプ。

 

y48

 

ウェイトとシャフトを取り外した状態。

 

購入をおすすめするのは、Aのウェイトとシャフトが取り外せて好きなウェイトを付けるタイプです。これはなぜかというと、

 

@ダンベル一つで様々な部位の筋トレを行うときに、それぞれの部位でかけれる負荷が違う

 

A筋肉が付いてくると、今までより負荷をかけないと筋肉がついていかない

 

の二つの理由からです。

 

@のダンベル一つで様々な部位の筋トレを行うときに、それぞれの部位でかけれる負荷が違うについてですが、ダンベルフライとトライセプスキックバックを例に考えてみましょう。

 

ダンベルフライは胸の種目です。胸は大きい筋肉です。また補助筋として腕も使います。そうした場合、負荷の強いものでないと筋肉がなかなか限界を迎えず効率が悪いです。

 

トライセプスキックバックは上腕三頭筋の種目です。上腕三頭筋だけですので、ダンベルフライと比べたときに通常は負荷を落とさないととてもじゃないですが、持ち上がりません。腕がムキムキの人を除いて。

 

種目ごとに筋肉にかけれる負荷が違うので、ウェイトとシャフトが取り外せて好きなウェイトを付けるタイプが一つで様々な種目に使えるためおすすめなのです。

 

また、A筋肉が付いてくると、今までより負荷をかけないと筋肉がついていかないも同様です。

 

筋トレを続けていくともちろん筋肉がついてきます。そうすると今までの負荷と同じでは、より強い筋肉が付かないのです。

 

従来より負荷をかけることにより、さらに筋肉がついていくので、ウェイトを付け替えることができるタイプのものが、将来的にも役に立つのです。

 

自宅筋トレで必要なものが購入できる通販サイト

 

ティズスタイルは自宅での筋トレに必要なものが安く購入できます。

 

ダンベルセット20kgで6,580円。

 

少し高いと思われるかもしれませんが、腕や、肩の部位を鍛えるのであれば20kgは欲しいところです。

 

20kgまであれば困ることはそうそうないと思います。

 

フラットベンチ9,330円。

 

ベンチはあれば本当に便利です。ですので購入をおすすめしますが、絶対ではないので検討してみてください。

 

トレーニングマット1,740円。

 

トレーニングマットは必要ですので購入した方がいいと思います。汗や床の傷つきが気にならない方でも、購入した方がいいと思います。あって困ることは無いです。

 

以上の3つで合計17,650円です。高いと感じる方は、フラットベンチを除き、8,320円です。初期投資としてはこれくらいが妥当ではないでしょうか。

 

ティズスタイルでダンベルを購入してみる

 

その他の器具

 

懸垂台(チンニングスタンド)

 

そのほかに個人的におすすめなのが、懸垂やディップスができる懸垂台(チンニングスタンド)です。これは10,000円くらいなのですが、懸垂は非常に背中のトレーニングに有効なので、ぜひ取り入れてもらいたい種目です。懸垂は最高の自重トレーニングの一つですので、これひとつで背中の筋肉はみるみるついていくと思います。

 

懸垂は非常に難しい種目です。正しく背中に負荷をかけてやる場合ですと、初心者の方で5回もできれば上出来ではないでしょうか。

 

インクラインベンチ

 

インクラインベンチは背もたれを斜めに傾けられるベンチのことです。16,000円くらいです。ちょうど椅子に斜めに座るイメージです。これは、部位ごとのトレーニングにこだわりが出てきた人が使うベンチです。

 

最初はフラットベンチがあれば機能的に十分です。インクラインベンチもフラットベンチとして使えるので、のちのち買いたくないという人はいきなり用意してもいいかもしれません。

 

バーベル100kg

 

筋トレBIG3で高負荷をかけたいんだ!という方はバーベルがおすすめです。100kgでベンチプレスできたら大したもんです。金額は高いです。29,480円します。

 

ティズスタイルで本格手に筋トレに取り組んでみる

 

ますは始めてみては

 

自宅での筋トレをまずやってみてどんなものか感じてみてはいかがでしょうか。

 

トレーニングに慣れてきたらジムに通ってみるのもありだと思います。

 

自宅の器具を増やすのも良いと思います。

 

自分が続けられる範囲で取り組んでみてください。半年後には体に結果が出ていると思います。

 



更新履歴